初めての水素水ならお試しセットがお得!お試しがある水素水を紹介!

5052d0a0628c5e1ef7517f8181f8aff2_m

話題の水素水を試してみたいけどどの商品を買っていいのか迷いませんか?いろんな水素水が出ているの当然ですよね。

そこで、この記事では初めての水素水におすすめの商品を紹介します。

「初めての水素水ならお試しセットがお得!お試しがある水素水を紹介!」の続きを読む…

初めての水素水選びで気をつけるポイント!

水素水は興味があるけど、どれがいいのか分からないという人も多いのでは、ないでしょうか。
そこで、ここでは水素水選びのポイントについて、考えてみたいと思います。

 

注目すべきは水素の含有量

水素水は、ふつう無味無臭の製品として販売されているので、味がメーカーによって異なるということはありません。でも、中にはレモンの味が付いている商品も販売されていたりもします。
ですが、もっとも注目すべきは、水素の含有量なのです。
含有量はメーカーによってまちまちで、購入前にはしっかりチェックしておきたいポイントと言えます。

商品のタイプ

水素水は、大きく分けて浄水器、スティック、アルミパウチ容器、ペットボトルなどで販売されています。
浄水器やスティックは、自宅の水に水素を発生させて作ります。比較的たくさんの量を使うことが出来る為、飲み水以外にお料理などにも使えるので、お料理にも使いたいという人は浄水器やスティックタイプがいいでしょう。
浄水器はお値段が張るので、スティックタイプが人気のようです。
アルミパウチ容器は、メーカーで作った水素水をパウチ容器に封入しているので、もっとも水素の含有率が高いのが魅力です。
水素の含有率で選ぶなら、間違いなくアルミパウチになるでしょう。
最後にペットボトルですが、これは選ばないようにすることです。水素はとても逃げやすいためペットボトルでは、人が手にしたときには、ほとんど水素が逃げてしまっているのです。

初めての水素水の選び方!失敗しない2つのポイント!

水素水を選ぶときに種類が多すぎて何を買ったらいいのかわからない…

そんなあなたに水素水を選ぶときに重要な2つのポイントをお伝えします。

 

水素がどれくらい入っているか。

最も重要なことは水素の量がどのくらい入っているかです。

水素がどれくらい入っているかを示す『ppm(溶存水素量)』を見れば、水素量がわかります。

通常の一気圧下では1.6PPmが最大値とされています。ですので、1.66ppmあれば十分な濃度と言われています。

1.66ppm以上の水素があっても、ふたを開けると1.66ppm以上の水素は逃げてしまいます。

 

水素が抜けにくいアルミパウチ容器

ペットボトルで販売されている水素水もありますが、キャップと水の間に空間を作らなければならないので、この部分から水素が抜けやすいそうです。

この弱点を失くしたのがアルミパウチ容器です。

水素が逃げる原因を失くしたことで、水素が減るのを防ぐことができます。

 

水素水を選ぶときには最低限この2つのポイントを意識していれば、失敗する可能性が低くなります。

また、口コミやランキングの上位に入っている商品も安心して購入することができますね。