水素水を効果的に飲むための1日の摂取量は?飲みすぎは体に悪い?

5b075488f1947da4a058456457e627d0_s

水素水はたくさん飲めば効果がありそうですが、実際にはどれくらい飲めばいいのでしょうか?また、飲みすぎで副作用が出たりするのでしょうか?
この記事では、水素水の飲み方について紹介します。

水素水は1日どれくらい飲めばいい?

5d9d5388e0b3965340134a789519ee89_m

水素水には多くの水素が含まれていますが、各製品によって水素の濃度には違いがあるため、特に決まった摂取量は存在していません。
よって、各メーカーがそれぞれ推奨している量を飲むことになります。

水に溶ける水素の量の限界は約1.6ppmで、最も多く水素が溶けた水素水で0.000016%ほどの水素が溶けているということになります。
1日に推奨される摂取量は、水素の濃度が0.8ppm以上で350mlから500ml程度と言われています。水素の濃度が薄いものを飲んでも効果を実感しにくいので、なるべく濃度の濃いものを選ぶようにしましょう。

また、水素は空気中に蒸発しやすいという特徴があるため、密封度の低い容器に入れたままにしておくと、水素が蒸発してただの水になってしまいます。開封したらなるべく1度で飲みきるようにしましょう。

水素水を飲みすぎるとダメ?

8e59eb4aa29ce1b551b409bed0416068_s

水素水は薬ではないため、もし飲みすぎてしまったとしても身体に悪影響は無く、吸収できなかった水素は呼吸などと一緒に体外へ排出されます。

ですが、それでは水素が無駄になってしまうので、適量を飲むのが良いでしょう。

 

水素水を飲むのに効果的なのはいつ?

ec17aac7df06c3c2048e6654b8444731_m

水素には、体内で発生した悪玉の活性酸素を除去してくれるという効果があるため、それを生かせるタイミングで飲むと効果が期待できます。活性酸素がどれだけ出ているかは個人差があるため、人によって必要な量が変わってきます。

スポーツをする時、ストレスを感じた時、飲酒や喫煙時、外出時に紫外線を浴びる時など、活性酵素が多く発生するような時に飲むのが良いですが、最も推奨されるのは朝の起床時です。
朝は細胞が起きたばかりで活性酸素が作られやすい上、1日の中で最も身体の水分が減っている状態です。この時に水素水を飲むと、より身体に浸透しやすいと言われています。

なお、水素水は1度飲んだだけで劇的に効果があらわれるものではありませんので、一定期間飲み続ける必要があります。効果を実感できるまでの目安は4週間以上とされています。

2016年最新!水素水ランキング

コメントを残す