水素はキャップからも抜けていく?水素水選びで大事なポイント!

282107

 

水素水は宇宙一小さな分子と言われていて、すぐに抜けていってしましいます。以前市販の水素商品に水素が入っているのか?という実験があり、この実験結果は意外なものになりました。

それは、水素がまったく入っていない商品が普通に販売されていたのです。これは水素の充填時には入っていたのか、充填時にも入っていなかったのかは分かりませんが、水素が入っていない商品を購入していた人が多くいたのです。

このように水素というのは、実際に入っているのか入っていないのかを見分けるのが難しいので水素が逃げにくい工夫をしている商品を買う必要があります。

水素が逃げにくい商品とは?

水素は容器から逃げていくのが分かっています。

例えば、一般に良く使われているペットボトル。ペットボトルは便利なので多くのメーカーが使っていますが、水素水に限ってはペットボトルに入っているものは購入を控えるべきです。

なぜなら、水素はアルミニウムの容器以外は通り抜けてしまうからです。どんなにキャップをしていても通り抜けてしまいます。ですので、現在はアルミニウムの容器以外は避けた方が良いでしょう。

 

キャップがないアルミパウチがおすすめ

アルミニウムの容器であるアルミパウチだったとしても、安心はできません。それは、キャップです。水素はキャップの部分から徐々にですが抜けていってしまいます。

とは言っても現在はキャップのないアルミパウチの水素水はトラストウォーターだけですので選ぶ自由はありません。将来的にはもっといろんなメーカーがキャップなしの容器を作ってくれるかもしれないのでそれを期待したいですね。

その場で水素水を作る商品なら水素が抜けない!?

水素は容器に入れても時間が経つにつれて抜けていってしまいます。それは、ペットボトルでもアルミパウチでも同じです。

これを解決するには飲む前に作ってしまうのが一番です。そして、それを実現しているのがaquela(アキュエラ)水素水7.0PPMです。水素のキットを使いその場で作るので、水素が逃げてしまう心配がありません。

また、水素濃度判定試薬が入っているので、水素濃度をその場で測る事ができます。

 

このように宇宙一小さな分子である水素は長く容器の中にとどめておくのが極めて難しい分子です。そのため、様々なメーカーが水素が抜けないようにする容器を開発しています。将来的には水素が全く抜けない容器が完成することもあるかもしれないですが、現在はそのような容器は無いようです。

 

2016年最新!水素水ランキング

コメントを残す