水素が抜けにくい水素水は?水素水を選ぶ時に気を付けるポイント!

a0001_017568

 

水素水がTVや雑誌で話題になるにつれ、いろんな水素に関する商品が発売されるようになりました。

しかし、残念ながらまったく水素が含まれていない商品が一部売られていました。

そこで、水素が抜けにくい水素水の選び方を紹介します。

水素が逃げない容器を選ぶことが重要

水素水選びで重要なことの一つに水素水が抜けにくい構造であるかです。

水素は宇宙一小さな分子と言われています。そのため、ペットボトルやアルミ缶、また、飲み口のキャップ部分から水素が抜けていってしまいます。

水素水の各メーカーが独自に容器を工夫してすい水素がなるべく抜けないような容器を開発しています。

水素が抜けにくい容器とは?

  • アルミパウチ。
  • キャップがないもの。

などが水素が抜けにくいと言われています。

また、水素水は開封すると水素が逃げてしまいますので、なるべく早く飲必要があります。

 

例えば3.0ppmと高濃度で人気の「トラストウォーター」はアルミパウチ式でキャップがない構造となっています。

トラストウォーターはこちら⇒トラストウォーターを体験しました。

しかし、多くの水素水はアルミパウチ式ですがキャップがある商品です。

 

2016年最新!水素水ランキング

コメントを残す