初めての水素水の選び方!失敗しない2つのポイント!

水素水を選ぶときに種類が多すぎて何を買ったらいいのかわからない…

そんなあなたに水素水を選ぶときに重要な2つのポイントをお伝えします。

 

水素がどれくらい入っているか。

最も重要なことは水素の量がどのくらい入っているかです。

水素がどれくらい入っているかを示す『ppm(溶存水素量)』を見れば、水素量がわかります。

通常の一気圧下では1.6PPmが最大値とされています。ですので、1.66ppmあれば十分な濃度と言われています。

1.66ppm以上の水素があっても、ふたを開けると1.66ppm以上の水素は逃げてしまいます。

 

水素が抜けにくいアルミパウチ容器

ペットボトルで販売されている水素水もありますが、キャップと水の間に空間を作らなければならないので、この部分から水素が抜けやすいそうです。

この弱点を失くしたのがアルミパウチ容器です。

水素が逃げる原因を失くしたことで、水素が減るのを防ぐことができます。

 

水素水を選ぶときには最低限この2つのポイントを意識していれば、失敗する可能性が低くなります。

また、口コミやランキングの上位に入っている商品も安心して購入することができますね。

 

2016年最新!水素水ランキング

コメントを残す